2014年07月12日

陪審と裁判官

アメリカの中で発達しつつあった悪評高い制度下で、平等なプロセスは、いくつかの重要な構成要素を持っている。
政党は訴訟に対して、政党自身の事件の助けの中で、十分に事実や法律を発展させる機会さらに、決定要因に直接関係のある事実や法律的議論を表現する機会を持たなければならない。
典型的な事件の中で、政党は、事件の事実を決定する陪審を持つ権利を持たなければならない。
陪審と裁判官は、両政党に対して中性でなければならなく、それぞれの証拠や言い分に耳を傾けなければならず、提出された証拠や言い分をもとに、たった一人で物事を決定しなければならない。
政党は、誤りだとして、上の裁判所に判決をやり直してもらうことができなければならず、重大な誤りを正してもらうことができなければならない。
再判決後、その判決は終結する(終結性を持つ)べきなので、政党は同じ問題の永遠に続く再訴訟に支配されることはできない。

電子マネーでいこか
posted by サラ金リーマン at 16:59 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。